防水塗装

ベランダや屋上に防水施工が必要な理由

【劣化レベル:1】 防水塗膜・防水シートが剥がれる


【劣化レベル:2】 膨れが起こる。(踏むとブヨブヨとした感覚)


【劣化レベル:3】 剥き出しになったコンクリートに雨水が浸み込む


【劣化レベル:4】 コンクリートが中性化し脆くなる。内部に空洞ができる。


【劣化レベル:5】 雨漏りが起こる。壁がひび割れる(崩落事故につながる危険性)


ベランダ・バルコニー、ビル・施設の屋上、マンション・集合住宅の外廊下・外階段の床面、どうなっていますか?
もし今、「屋根と外壁は塗り替えた所なのに、雨漏りが起こってしまった!」
といった症状でお悩みの方は、一度ベランダや屋上をセルフチェックしてみましょう。

さまざまな種類がある、防水塗装。
劣化度合いやご予算、そしてバルコニー・屋上の形状に合わせた工法をとることで、よりコストパフォーマンスの良い施工が叶います。

 

防水塗装の種類

【 FRP防水 】 バルコニー/ベランダ/屋上


軽量・防水性・耐熱性に優れているのが特徴で、プラスティックとガラスシートが主原料。
短工期で施工性が高く、施工箇所を問いません。
他の工法に比べて、揺れによるひび割れが起きやすいのが唯一のデメリットではありますが、定期的にトップコートを塗ることで維持できます。

【 ウレタン防水塗装 】 バルコニー/ベランダ/屋上


もっとも主流な防水工法で、比較的低価格。
紫外線による劣化を防ぐためには、トップコートの塗り替えメンテナンスがおすすめです。

外壁塗装・住まいの塗り替えは、近江八幡のモリタ塗工にお任せください!

【電話】 080-2430-9915 (事務所:0748-33-2962 / 9:00~19:00)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 近江八幡市を中心に滋賀県・京都府(応相談)

外壁塗装≫ 屋根塗装≫ ビル・マンション塗装≫ 防水塗装≫ ちょこっとリフォーム≫

一覧ページに戻る